不動産売却の一連の流れ

不動産売却とは、自分が持っている土地や建物を第三者に売却することをいいます。金額が大きい為、売却したいと思ってから実際に手続きが完了するまでには様々なやり取りと時間が発生します。不動産売却の主な流れは次の通りです。不動産売却は専門的な知識を必要とするため、一連の手続きを依頼する不動産会社を探すことから始まります。その為にも、ある程度売却したい不動産がどのくらいの価格になるのか、相場を予め調べておくとよいでしょう。不動産の売買を行っているサイトを調べてみたり、土地の価格を調べるには、全国地下マップなどの無料サイトを利用すればかなり正確な情報を得ることができます。信頼できる不動産会社を見つけたら、まずは売却価格の査定をしてもらい、納得ができれば仲介を依頼するための媒介契約を締結します。その後不動産会社が物件を紹介し、購入希望者を募集します。価格などを含む交渉事が発生することも多く、都度業者と相談しながら進めていきます。無事購入希望者が見つかり、かつ双方が価格を含む諸条件に合意ができれば、売買契約の締結となります。ここではまだ完全に売却が完了しておらず、その後不動産の引き渡し、所有権の移転という登記上の手続きが完了して初めて、売却が完了します。

高槻市 不動産なら六甲不動産販売が取り扱いいたします。
3026

不動産物件の売買賃貸

不動産物件を売りたい、買いたい、貸したい、借りたいという場合は、不動産会社に相談することをおすすめします。 不動産取引がスムーズに成立するためには、不動産物件の販売または賃貸情報と、購入、賃借したいという顧客情報が多数存在していることが必要です。 優良な不動産会社にはこれらの情報が集中しており、不動産取引の成立の確率が高くなります。 ただし、最近は専任媒介契約以外は各不動産会社でも同じ物件情報を有していることが多いことから、成約の差は顧客数の差と考えられます。

Copyright ©All rights reserved.不動産売却の一連の流れ.